ネットとリアルの完全なる融合 ビジネスアイデア100連発その28 

前回は、コカコーラのマルチチャンネルな販売方法について解説しました。

最近、マルチチャンネルを超えたオムニチャンネルという考え方があるようです。

オンラインとオフラインの融合ということで

一昔前なら、クリック アンド モルタルとか

最近では O2O(オンライン to オフライン)と呼ばれるものかと

思いきや、もっと進化したもののようです。

アメリカのメイシーズというデパートがこのオムニチャンネルを取り入れていることで

有名なようです。

私流の解釈でざっくりと解説してみます。

たとえば、一眼レフカメラを買おうと思ったときに

ヨドバシカメラに行って、店員さんの説明を聞いて

「また嫁さん(または旦那)に、相談してまた買いに来ます。」

と店を去って、スマホを取り出し価格コムで調べて

「意外とAmazon安いやん。」

でポチりというパターンが

最近結構多いと思います。

これをやられるとヨドバシカメラとしては

店員の給料分損をします。

ヨドバシもネット通販を行っています。

しかし従来のクリック アンド モルタル 型のネット通販は

ネットとリアルの店舗を別々の事業として運営していました。

オムニチャンネルとは、ネットとリアルの垣根を無くし

在庫も何もかも一体化して店舗を運営する形態です。

ヨドバシカメラの店頭で、店頭に在庫がなければヨドバシカメラの通販ページから購入しても

店員さんからは店舗の販売目標が減るとかいう理由で嫌な顔をされません。

あるいは逆のパターンでネットで注文して店頭で受け取るなんてこともありえます。

このようにして、ズンズン ネットとリアルは統合されていくと思います。

work 

自分のビジネスでネットとリアルを完全に融合させることはできないだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする