マーケティングの基本形フロントエンド・バックエンド型 ビジネスアイデア100連発その29

マーケティングの基本形であるフロントエンドバックエンド型にも触れておきたいと思います。

以前紹介した売上アップの公式

売上=見込み客×成約率×客単価×購入頻度

の、見込み客と成約率に重点を置いた型です。

それを図式にしたものとして、マーケティングファネルというものがあります。

ネットビジネスで良く用いられます。

無料のダウンロード商材や、無料動画で見込み客リストを集めます。

これを無料オファーといいます。

この時にアフィリエイターと呼ばれる人たちが

成功報酬で見込み客集めを行うケースも多いです。

次にその見込み客に、数千円のセミナーや商材を提供します。

これをフロンエンド商品といいます。

そのセミナーの最後に高額のセミナーや商材を告知し

個別相談会で成約するケースが良くあります。

この高額商品をバックエンド商品といいます。

いきなり高額な商品を販売するのではなく

先に見込み客との関係性を高めることが

大切です。

フロントエンド商品に力を入れることにより、

数千円でこんなに良い商品なのであれば

数十万円ならどれだけ素晴らしいのだろうか

という幻想を抱かせることが重要なポイントとなります。

WORK

あなたのビジネスをフロントエンド・バックエンドのツーステップにすることはできないだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする