会員制モデル8ファンクラブ型 ビジネスアイデア100連発その16

ファンクラブは会員制モデルの原始的なスタイルではないかと思います。

スポーツチームのファンクラブにも加入したことがありますが、

ファンクラブのうち一番メリットを感じるのは、人気ミュージシャンのものです。

私はsuperflyのファンクラブに入ってますが、一般では手に入らないコンサートの一階席の前の方の席を取ることができたり、会員限定のライブに参加することができます。

数千円の年会費ですが、会員数は何万人にもなるので、

ミュージシャンにとっても良いストックビジネスになります。

前回までの会員制モデルとの違いは、金銭的なメリット以外の特典を得られるところにあります。

例えば、これを飲食店に応用するとしたら、年に数回普通では手に入らない希少な旬の食材を会員が賞味することができるなどが考えられます。

会員になると、何年も通わなくてもえこひいきしてもらえる、上得意さんと同じ気分が味わえるわけです。

お金より体験重視型です。

老舗だと既存のお得意さんとの兼ね合いが難しいですが、新しいお店だと面白いのではないでしょうか?

WORK

会員制にして、会員のお客さんを特別扱いすることはできないだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする